兵庫県三田市 前橋内科循環器科医院
ホーム アクセス サイトマップ リンク お問合せ
診療方針 診療のご案内 院内のご紹介 上手な医者のかかり方 こんな時こんな検査
 http://www.dr-maehashi.jp
血糖値を下げる簡単レシピ
豚ヒレの梅肉ソテー
きのことパプリカのナムル
ブロッコリーの豆乳スープ
もち麦入りご飯
* 血糖値を下げるレシピ
  ≫ 春のレシピ 1
  ≫ 春のレシピ 2
  ≫ 春のレシピ 3
  ≫ 春のレシピ 4
  ≫ 春のレシピ 5
  ≫ 春のレシピ 6
  ≫ 春のレシピ 7
  ≫ 春のレシピ 8
  ≫ 春のレシピ 9
  ≫ 春のレシピ 10
  ≫ 春のレシピ 11
  ≫ 春のレシピ 12
  ≫ 夏のレシピ 1
  ≫ 夏のレシピ 2
  ≫ 夏のレシピ 3
  ≫ 夏のレシピ 4
  ≫ 夏のレシピ 5
  ≫ 夏のレシピ 6
  ≫ 夏のレシピ 7
  ≫ 夏のレシピ 8
  ≫ 夏のレシピ 9
  ≫ 夏のレシピ 10
  ≫ 夏のレシピ 11
  ≫ 夏のレシピ 12
  ≫ 秋のレシピ 1
  ≫ 秋のレシピ 2
  ≫ 秋のレシピ 3
  ≫ 秋のレシピ 4
  ≫ 秋のレシピ 5
  ≫ 秋のレシピ 6
  ≫ 秋のレシピ 7
  ≫ 秋のレシピ 8
  ≫ 秋のレシピ 9
  ≫ 秋のレシピ 10
  ≫ 秋のレシピ 11
  ≫ 冬のレシピ 1
  ≫ 冬のレシピ 2
  ≫ 冬のレシピ 3
  ≫ 冬のレシピ 4
  ≫ 冬のレシピ 5
  ≫ 冬のレシピ 6
  ≫ 冬のレシピ 7
  ≫ 冬のレシピ 8
  ≫ 冬のレシピ 9
  ≫ 冬のレシピ 10
  ≫ 冬のレシピ 11
  ≫ 冬のレシピ 12
* メタボに最適なレシピ
  ≫ 春のレシピ 1
  ≫ 春のレシピ 2
  ≫ 夏のレシピ
  ≫ 秋のレシピ 1
  ≫ 秋のレシピ 2
  ≫ 冬のレシピ 1
  ≫ 冬のレシピ 2
* 高血圧のためのレシピ
  ≫ 春のレシピ
  ≫ 夏のレシピ
  ≫ 秋のレシピ
  ≫ 冬のレシピ
管理栄養士 増田先生の「血糖値を下げる簡単・秋レシピ作ってみました!」
みなさん、こんにちは。
旬の食材を使って、糖尿病などの生活習慣病を予防できる、簡単ヘルシーレシピをご紹介します。内臓脂肪の多いメタボの方にも、おすすめのレシピです。
春のレシピはこちら 夏のレシピはこちら 秋のレシピはこちら 冬のレシピはこちら
春レシピその1 春レシピその2 春レシピその3 春レシピその4 春レシピその5
春レシピその6 春レシピその7 春レシピその8 春レシピその9 春レシピその10
春レシピその11 春レシピその12      
夏レシピその1 夏レシピその2 夏レシピその3 夏レシピその4 夏レシピその5
夏レシピその6 夏レシピその7 夏レシピその7 夏レシピその9 夏レシピその10
夏レシピその11 夏レシピその12      
秋レシピその1 秋レシピその2 秋レシピその3 秋レシピその4 秋レシピその5
秋レシピその6 秋レシピその7 秋レシピその8 秋レシピその9 秋レシピその10
秋レシピその11        
冬レシピその1 冬レシピその2 冬レシピその3 冬レシピその4 冬レシピその5
冬レシピその6 冬レシピその7 冬レシピその8 冬レシピその9 冬レシピその10
冬レシピその11 冬レシピその12      
今回のメニュー
豚ヒレの梅肉ソテー
きのことパプリカのナムル
ブロッコリーの豆乳スープ
もち麦入りご飯
 ● 豚ヒレの梅肉ソテー 149 kcal →総合栄養表
豚ヒレ肉をしっとりと仕上げ、梅肉ソースでさっぱりと 
一口メモ
豚ヒレ肉は脂質が少なく、たんぱく質を多く含むヘルシーな部位です。また、糖質を代謝するために欠かせないビタミンB1が豊富です。
つけ合わせの野菜は電子レンジで簡単調理。肉のソースをからめていただきます。
材料 (2人分)
豚ヒレ肉 160g
小松菜 2株 (80g)
もやし 1/2袋 (80g)
▼調味料等
片栗粉 大さじ1
 A
 梅肉 小さじ1
 しょうゆ 小さじ1
 酒 小さじ1
 みりん 小さじ1
 水 大さじ2
サラダ油 小さじ1
1 豚ヒレ肉は一口大に切り、軽くたたいて広げ、ポリ袋に入れて片栗粉をまぶす。
2 Aの調味料を混ぜ合わせる。
3 小松菜は4cm長さに切る。もやしと一緒に耐熱皿に入れてラップをかけ、
電子レンジ(600W)で2分加熱する。ざるにあげて水けをきり、器に広げて盛る。
4 フライパンにサラダ油を熱し、@を焼く。
肉の色が変わったら、Aを加えて煮からめ、Bの上に盛りつける。
<< 戻る
 ● きのことパプリカのナムル 85 kcal →総合栄養表
エリンギとえのきのうま味と食感が美味しく、にんにくとごまの風味が食欲をそそります
一口メモ
きのこは低カロリーで食物繊維が豊富。また、骨粗鬆症予防に欠かせないカルシウムの吸収を助けるビタミンDを含みます。生しいたけやしめじ、舞茸など、他のきのこを使ってもよいでしょう。
材料 (2人分)
エリンギ 2本 (100g)
えのきだけ 1袋 (100g)
赤パプリカ 小1/2個 (30g)
▼調味料等
 A
 にんにくの
 すりおろし
少々
 すりごま 大さじ1
 ごま油 大さじ1/2
 塩 小さじ1/3
1 エリンギは縦半分に切ってから斜め薄切りにする。
えのきは石づきを除き、長さを半分に切ってほぐす。
パプリカはへたと種を除き、3cm長さの細切りにする。
2 耐熱ボウルに@を入れ、ラップをかけて電子レンジ(600W)で約3分加熱し、
水けをきっておく。
3 Aを混ぜ合わせ、Aに加えて和える。
<< 戻る
 ● ブロッコリーの豆乳スープ 77 kcal →総合栄養表
しょうががふわっと香り、やさしい味わいのスープ
一口メモ
ブロッコリーはカロテンとビタミンCが豊富で、カリウム、鉄、カルシウムなどのミネラルも多く含みます。調整豆乳と鶏がらスープで、味が整います。
材料 (2人分)
ブロッコリー 100g
長ねぎ 1/2本 (40g)
しょうが
(せん切り)
1かけ
調整豆乳 1/2カップ
(100ml)
▼調味料等
ごま油 小さじ1
 A
 水 1カップ
(200ml)
 顆粒鶏がら
 スープの素
小さじ1
1 ブロッコリーは小房に分ける。長ねぎは縦半分に切ってから、斜めに切る。
2 鍋にごま油を熱して長ねぎとしょうがを炒め、香りが立ったらAを加える。
煮立ったらブロッコリーを加えて2〜3分煮て、豆乳を加えて温める。
<< 戻る
 ● もち麦入りご飯 208 kcal →総合栄養表
一口メモ
もち麦には豊富な水溶性食物繊維が含まれます。プチプチした食感で噛みごたえがあり、食べすぎを防ぐ効果も期待できます。
材料 (1人分)
もち麦入りご飯 130g
(白米:もち麦を3:1で炊いたもの)
<< 戻る
 〒669-1541 三田市貴志字丁田79-1  TEL 079-553-8088 FAX 079-553-8077 E-mail info@dr-maehashi.jp
Copyright (c) att's corporation all rights reserved. このHPの画像・文章・デザイン等の無断転載・複製を禁止します。