兵庫県三田市 前橋内科循環器科医院
ホーム アクセス サイトマップ リンク お問合せ
診療方針 診療のご案内 院内のご紹介 上手な医者のかかり方 こんな時こんな検査
 http://www.dr-maehashi.jp
今月の健康アドバイス
院長ごあいさつ
今月の健康アドバイス
 
寝たきりにならないために
〜フレイル、骨粗鬆症の予防
フレイルとは?

誰しも寝たきりになりたくない、いつまでお元気でいたいと考えますが、そのためには自由に歩けて、自分の事は自分でできるだけの体力が必要です。

最近、「フレイル」という言葉がよく使われるようになってきました。
フレイルとは、加齢に伴い、身体機能が低下した状態のことです。
そのまま放っておくと、近い将来寝たきりになったり死亡したりするリスクが高まります。

フレイルの基準は以下の通りです。

  1. 体重減少

    6ヶ月間で2kg以上の体重減少

  2. 筋力低下

    握力が男性で28kg未満、女性で18kg未満

  3. 疲労感

    ここ2週間で、わけもなく疲れがたまる感じがする

  4. 歩行速度

    普通の歩き方で1m/秒未満

  5. 身体活動

    日常的に軽い運動や体操、または定期的な運動やスポーツをしていない

以上の5項目のうち3項目当てはまる場合がフレイル、1〜2項目当てはまる場合がプレフレイルとなります。
すなわちこれらの項目のどれか一つでも当てはまる方は、将来身体活動が低下し、寝たきりになる恐れがあります。

このためプレフレイル、またはフレイルの方は普段から運動を心がけましょう。
「ロコトレ」で検索すると、高齢者でも簡単にできる運動が紹介されています。

また肉、魚、乳製品などのタンパク質を積極的に摂るようにしましょう。
やせ気味の方は、しっかり栄養を摂って、体重の維持に努めましょう。

骨粗鬆症に注意

寝たきりになる原因の一つとして、骨折があります。
特に高齢者では背中の骨(胸椎、腰椎)の圧迫骨折、大腿骨頸部骨折、腕の骨折が多くなります。
それほど強い力がかかっていないのに起こす骨折を脆弱骨折と言い、骨粗鬆症(骨がもろくなること)が原因です。
特に女性は更年期を過ぎてこのような骨折になった場合は再発の恐れが高くなるため、ぜひ整形外科や内科を受診して骨粗鬆症の予防薬を飲みましょう。

先ほどお話ししたフレイルのある方も、骨粗鬆症になりやすくなっています。
その他、糖尿病、腎臓病、ステロイドを長期間飲んだことのある方などは骨粗鬆になりやすいと言えます。
また若い時に比べて身長が3cm以上低くなっている場合は、すでに胸椎や脊椎の圧迫骨折を起こしているかもしれません。

市町村の検診でも骨粗鬆症の検査は行われています。
特に女性の方は閉経を過ぎると急激に骨密度が低下することが分かっています。40歳頃から、時々検診を受けると良いでしょう。
当院でも超音波法による骨粗鬆症の検査や治療を行っていますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

過去の健康アドバイス一覧へ
 〒669-1541 三田市貴志字丁田79-1  TEL : 079-553-8088 FAX : 079-553-8077 E-mail : info@dr-maehashi.jp
Copyright (c) att's corporation all rights reserved. このHPの画像・文章・デザイン等の無断転載・複製を禁止します。