兵庫県三田市 前橋内科循環器科医院
ホーム アクセス サイトマップ リンク お問合せ
診療方針 診療のご案内 院内のご紹介 上手な医者のかかり方 こんな時こんな検査
 http://www.dr-maehashi.jp
今月の健康アドバイス
院長ごあいさつ
今月の健康アドバイス
 
糖尿病の新しい薬

糖尿病の薬には多くの種類がありますが、ここ数年新しい薬が開発され、注目されています。最近開発された薬として、SGLT2阻害薬GLP-1受容体作動薬の2種類があり、どちらも血糖を下げるだけでなく、心臓病などによる死亡を減らすとして注目されています。

SGLT2阻害薬

最近特によく使われるようになったのが、SGLT2阻害薬です。尿からの糖の排泄を促すことにより血糖を低下させます。血糖を下げると共に体重を減らし、動脈硬化、心不全、腎不全を減らし、死亡率も下げることが分かってきました。値段が少し高いのが難点ですが、その効果により、糖尿病の比較的早期から使用する傾向が強まっています。

糖尿病の薬というと、血糖が下がりすぎる、いわゆる低血糖が心配ですが、この薬だけでは低血糖になる事はありません。SGLT2阻害薬は、尿中の糖分が増えるので、膀胱炎や陰部の感染症になる恐れがあります。予防として水分を多めに摂るようにしましょう。また皮膚がかゆくなったり湿疹が出たりする場合があり、その時は薬の使用を中止しましょう。

当院で使用しているSGLT2阻害薬は、スーグラ、デベルザ、カナグル、フォシーガ、ジャディアンス、ルセフィです。フォシーガは糖尿病以外にも心不全や腎不全にも効果があります。またジャディアンスは心不全にも効果があります。

SGLT2阻害薬と他の糖尿病の薬の合剤として、スージャヌ、カナリア、トラディアンスがあり、より強力な血糖降下作用が期待できます。

GLP-1受容体作動薬

GLP-1受容体作動薬は、食後の血糖値を抑え、また食欲も抑えることで減量にも効果があるとして注目されています。

GLP-1受容体作動薬として、始めにビクトーザが開発されました。ビクトーザは血糖を強力に下げると同時に体重も低下させることができます。ビクトーザとインスリンとの合剤にゾルトファイがあり、他社の同様の薬でソリクアがあります。いずれもより効果的に血糖値を下げることができます。

毎日注射を打つのが大変、と言う方にはやはりGLP-1受容体作動薬で、1週間に1回打つだけで血糖値を下げる薬ができました。トリルシティとオゼンピックで、内服薬で血糖が十分下がらない方にお薦めです。

最近ではGLP-1受容体作動薬の初の飲み薬としてリベルサスが発売されました。血糖を下げると共に食欲を抑え、体重も減らすことができます。朝食30分前に服用する必要があり、お値段も高めですが、血糖コントロールが悪く、太めの方にはお薦めです。将来は肥満症の治療薬としても期待されています。副作用として胃腸障害あり、少量から開始して徐々に増やしていきます。

GLP-1受容体作動薬は、まれに膵炎になる恐れがあり、急に強い腹痛を感じたら薬をやめて医師や薬剤師に相談しましょう。


なおこれらの薬は、身体の状態によっては使用できないこともあります。かかりつけの医師によく相談して、処方してもらうようにしましょう。

過去の健康アドバイス一覧へ
 〒669-1541 三田市貴志字丁田79-1  TEL : 079-553-8088 FAX : 079-553-8077 E-mail : info@dr-maehashi.jp
Copyright (c) att's corporation all rights reserved. このHPの画像・文章・デザイン等の無断転載・複製を禁止します。