兵庫県三田市 前橋内科循環器科医院
ホーム アクセス サイトマップ リンク お問合せ
診療方針 診療のご案内 院内のご紹介 上手な医者のかかり方 こんな時こんな検査
 http://www.dr-maehashi.jp
今月の健康アドバイス
院長ごあいさつ
今月の健康アドバイス
 
胸の痛みを感じたら

当院は循環器内科を専門としているため、胸が痛いと言って来院される方が多くおられます。

狭心症・心筋梗塞

胸痛を訴える重大な病気としては、まず狭心症と心筋梗塞があげられます。いずれも心臓の筋肉に栄養を送っている冠動脈の動脈硬化によって起こります。

動脈硬化により冠動脈が狭くなると、じっとしている時には何ともないですが、坂を上がったり、重い物を持ったりした時などに胸の痛みや圧迫感を覚えるようになります。これが狭心症です。

さらに動脈硬化がすすんで、冠動脈の血流が途絶えると心臓の筋肉が死んでしまい、何時間も続く強い胸痛を生じ、時には血圧が下がって冷や汗が出たりして、死の恐怖を感じることがあります。この状態が心筋梗塞です。

狭心症も心筋梗塞も、動脈硬化が原因で起こります。中年以降の男性、喫煙者、生活習慣病(高血圧、糖尿病、高脂血症)のある方は要注意です。肥満の方や喫煙者は若くても注意が必要です。

冠れん縮性狭心症

中年女性などで、安静時に胸痛を起こす病気として冠れん縮性狭心症があります。ストレスや寒さなどが原因で冠動脈が収縮して血流が減ることにより胸痛が起こり、冠動脈を拡張させるニトログリセリンを服用する事により改善します。

症状が強い場合は冠動脈狭窄を合併している場合もあるため、三田市民病院などの専門施設へ紹介することもあります。

大動脈解離・肺塞栓症

胸痛を来す重大な病気としては、他に胸部大動脈解離、肺塞栓症があります。

大動脈解離は石原裕次郎や加藤茶が罹ったことで有名です。大動脈の壁が裂けることで強い胸痛や背部痛があり、多くの場合は救急車を呼ぶことになります。

肺塞栓症は、病気やけがで長期間安静にすることで下肢の静脈に血栓ができ、それが肺動脈に詰まることによって起こります。突然発症する息切れや胸痛が特徴ですが、それほど症状が強くないこともあります。
東日本大震災のあと車中で長期滞在する人に多発し、問題となりました。片方のふくらはぎが急に腫れたり、痛みがある時は要注意です。ピルを飲まれている方や、癌で治療中の方は罹りやすい傾向があります。

その他考えられる病気

その他、肺炎、気胸(肺に穴が空いて肺が縮む病気)などでも胸痛が生じます。また帯状疱疹が胸にできると水疱が帯状に見られ、その部分にぴりぴりとした痛みを伴います。

胸を押さえて痛みがある場合は、肋骨や肋軟骨の一時的な炎症が原因と思われ、多くの場合は数日間様子を見ていただくことで改善します。

当院での検査内容

当院では、胸痛を訴えて来院されたらまず胸部レントゲン検査、心電図を行い、必要に応じて血液検査を追加します。その上で、上記のような疾患がないかをチェックします。

しかし、中にはこれらの検査をしてもはっきりした原因が
分からない方もおられます。ストレスなどが原因で痛みが
起きることもあります。

明らかに重大な病気がなく、痛みがそれほど辛くなければ、
しばらく自宅で様子を見ていただきます。
その間に痛みの改善が見られなかったり、悪化したりする
場合は病院に紹介して精密検査を受けていただきます。

胸の痛みが気になる場合は、いつでも当院までご連絡下さい。

過去の健康アドバイス一覧へ
 〒669-1541 三田市貴志字丁田79-1  TEL : 079-553-8088 FAX : 079-553-8077 E-mail : info@dr-maehashi.jp
Copyright (c) att's corporation all rights reserved. このHPの画像・文章・デザイン等の無断転載・複製を禁止します。