兵庫県三田市 前橋内科循環器科医院
ホーム アクセス サイトマップ リンク お問合せ
診療方針 診療のご案内 院内のご紹介 上手な医者のかかり方 こんな時こんな検査
 http://www.dr-maehashi.jp
今月の健康アドバイス
院長ごあいさつ
今月の健康アドバイス
 
もう一度禁煙してみませんか
依存性の強いタバコ

喫煙は良くないと分かっていても、なかなかやめられない方も多いと思います。また一度禁煙しても、ちょっとしたきっかけで吸い出してしまうことも多いようです。喫煙はそれだけ依存性が強く、依存の強さは麻薬と同じと言われています。

もう少し詳しく説明すると、喫煙している方はタバコを吸う度に常にニコチンが補充され、吸った瞬間に脳のニコチン濃度が上がることでほっとした感じになるわけです。しかし脳はニコチン依存になっているので、吸ったあと数分もするとすぐにニコチン濃度が下がり、またタバコが欲しくなるわけです。

このような状態で禁煙をすると脳はニコチンが足りなくなり、かなり苦しくなるわけです。この苦しさは始めの2週間くらいが最も強く、そのあと徐々に弱まっていきます。しかし、脳はタバコを吸った時の快感を記憶しているので、数ヶ月位してもちょっとしたきっかけでまた吸いたくなるわけです。

禁煙補助薬での治療

禁煙は自分ですることもできますが、特に禁煙を始めた時の苦しさを和らげるために、禁煙補助薬があります。当院でも、多くの方が禁煙補助薬を使用することにより、禁煙に成功しています。

クリニックで処方する禁煙補助薬は2種類あります。
1つはニコチンパッチと言い、ニコチンの入った貼り薬を皮膚に貼ることで、ニコチンの離脱症状を和らげ、禁煙しやすくなります。薬は8週間続ける必要があります。

もう一つはチャンピックスと言う錠剤です。この薬を飲むとタバコを吸ってもおいしいと感じなくなり、その結果禁煙しやすくなります。この薬は12週間服用する必要があります。ニコチンパッチに比べて、チャンピックスの方が禁煙は成功しやすいようです。
しかし、チャンピックスを使用しても、禁煙の成功率は50%程度です。また禁煙に成功したと思っても、ちょっとしたきっかけで喫煙を再開される方も多いようです。

薬と併用できる治療用アプリ

そこで、最近禁煙を助けるツールとして、スマホなどで使用する禁煙アプリが開発されました。このアプリは単独で使うのではなく、チャンピックスと併用して使います。

禁煙で苦しくなったり挫折しそうになった時は、このアプリを使用する事で精神的なサポートを得られ、無理なく禁煙が続けられます。

さらにこのアプリは、12週間でチャンピックスを終了したあとも、さらに3ヶ月間サポートすることにより、禁煙の成功率が高まることが証明されています。

このアプリは、禁煙をしたいが自信のない方、一度禁煙したがまた喫煙を再開した方などに特にお薦めです。
当院でも取り扱っていますので、興味のある方は遠慮なくお問い合わせください。
https://sc.cureapp.com/p/

過去の健康アドバイス一覧へ
 〒669-1541 三田市貴志字丁田79-1  TEL : 079-553-8088 FAX : 079-553-8077 E-mail : info@dr-maehashi.jp
Copyright (c) att's corporation all rights reserved. このHPの画像・文章・デザイン等の無断転載・複製を禁止します。