兵庫県三田市 前橋内科循環器科医院
ホーム アクセス サイトマップ リンク お問合せ
診療方針 診療のご案内 院内のご紹介 上手な医者のかかり方 こんな時こんな検査
 http://www.dr-maehashi.jp
今月の健康アドバイス
院長ごあいさつ
今月の健康アドバイス
 
少しの運動で、糖尿病を予防しよう
糖尿病で怖い合併症

コロナの影響で在宅ワークが増え、当院に来院されている方でも運動不足の方が目立ちます。運動量が不足すると代謝が悪くなり、糖尿病になりやすくなります。

糖尿病は膵臓から出るインスリンというホルモンの働きが悪くなり、血糖が上昇する病気です。糖尿病が怖いのは、放置していると徐々に様々な合併症が進行していくことです。よく知られているのは網膜症、腎臓病、神経症ですが、動脈硬化にもなりやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞を起こしやすくなります。

週に1時間の運動でリスクを減らす

そこで糖尿病にならないために最も重要なのは、食事と運動です。最近、ロンドンで運動の重要性を調べた研究が発表されましたので紹介したいと思います。

この研究では、まず糖尿病のない9987人につき、ふだんの運動の程度と、糖尿病のなりやすさについて調べました。27年間の調査中に、1553人が糖尿病になりましたが、週に1時間以上、中強度以上の運動(ウォーキング、平地のサイクリング、体操、軽い水泳など)をしている人は、全く運動していない人に比べて糖尿病になる割合が15%減りました。

次に、この研究では糖尿病になった人についても調べています。8.8年の間に1026人のうち、165人が亡くなりましたが、やはり週1時間以上運動している人は、全く運動していない人に比べて死亡率が何と39%も低下したのです。

この研究で注目すべき点は、中強度の運動を週にたった1時間以上するだけで、糖尿病にかかりにくくなり、仮に糖尿病になったとしても死亡率を大幅に減らすことができると言うことです。糖尿病の方では、運動が苦手な方も多いと思いますが、運動をしない人ほど、わずかな運動でも効果が上がることがわかります。

ご自分のペースで少しずつ始めてみましょう

なお、運動は1時間まとめてする必要はありません。できれば20分以上の運動を何回かに分けて行い、週に1時間以上は身体を動かしてみてはどうでしょうか。

暑い季節は、室内でも手軽にできる運動がユーチューブなどで色々と紹介されています。ご自分の体力にあわせて、少しずつ挑戦してみましょう。

過去の健康アドバイス一覧へ
 〒669-1541 三田市貴志字丁田79-1  TEL : 079-553-8088 FAX : 079-553-8077 E-mail : info@dr-maehashi.jp
Copyright (c) att's corporation all rights reserved. このHPの画像・文章・デザイン等の無断転載・複製を禁止します。