http://www.dr-maehashi.jp
高血圧の方へ

高血圧はなぜいけないのでしょうか

当院には血圧が高いと言うことで、多くの方が来院されますが、血圧が高いとなぜいけないのでしょうか。

それは高血圧が持続すると全身の動脈硬化をきたし、脳卒中や心筋梗塞が増えるためです。以前は食塩摂取の増加による高血圧が多かったのですが、最近は肥満による高血圧が増えてきています。

血圧の収縮・拡張

高血圧と診断された場合、生活習慣の改善や降圧薬による治療により、収縮期血圧(高い方の血圧)が10mmHg低下すると脳卒中は30数%減少し、心筋梗塞などの冠動脈疾患は20数%減少することがわかっています。
血圧が高いと言われた方は、今後の血圧管理のため、定期的な検診や医療機関の受診をお勧めします。

血圧はどれくらい下げるとよいでしょう

病院では140/90mmHg以上(家庭では135/85mmHg以上)を高血圧と診断し、治療によりこれ未満になることを目指しますが、これは他に合併症がない方の場合です。糖尿病・慢性腎臓病の方は130/80mmHg未満(家庭では125/75mmHg未満)が望ましいとされています。

また75歳以上の高齢者の方では、血圧の下がりすぎによりふらつきなどが起こる恐れがあり、当初は150/90mmHg未満(家庭では145/85mmHg未満)を目標としますが、可能なら140/90mmHg未満(家庭では135/85mmHg未満)をめざします。

家庭血圧測定の勧め

血圧が高いと言われた場合、ぜひ家庭血圧の測定をおすすめします。

病院で高血圧と言われても、家庭では正常血圧の方もおられ、この状態を「白衣高血圧」と言います。たとえば病院では緊張して180/100mmHgとなるのに、家庭では130/80mmHgとなるような場合です。白衣高血圧の場合は、直ちに薬による治療は必要ありませんが、将来本当の高血圧になる可能性もあり、定期的に家庭血圧の測定を行いましょう。

家庭血圧測定をおすすめします

一方病院では低いのに、家庭などでの血圧が高い方がおられ、このような状態を「仮面高血圧」と呼びます。たとえば病院では130/80mmHgなのに、家庭や職場での血圧が150/100mmHgの場合などです。この場合は、正常血圧の方に比べて動脈硬化の危険が高まるため、生活習慣の改善や薬による治療が必要になります。

このように家庭血圧の測定は高血圧の診断にとても重要です。またお薬を飲んでいる場合も、薬の効果の判定や効き過ぎ(血圧の低下)のチェックなどに最適です。

↑ページTOPへ

 〒669-1541 三田市貴志字丁田79-1  TEL : 079-553-8088 FAX : 079-553-8077 E-mail : info@dr-maehashi.jp
Copyright (c) att's corporation all rights reserved. このHPの画像・文章・デザイン等の無断転載・複製を禁止します。