http://www.dr-maehashi.jp
Dr.前橋の「診療日記」
院長ごあいさつ
Dr.前橋の「診療日記」
今月の健康アドバイス
前橋院長
ジョギングを始めました

運動の効果をあなたも実感してみませんか。 いい汗かこう!

糖尿病や高血圧の患者さんには、日頃から「運動しましょう」と言っておきながら、自分自身は最近運動らしい運動はしていませんでした。約10年前から、子供と一緒に剣道を週1回程度していたのですが、最近は忙しくてそれもあまりできなくなっていました。
ここ1〜2年、階段を上がったり、診察室のいすから立ち上がるときに膝の痛みも感じていましたが、自分ではそれほど体力が落ちているとは思いませんでした。
体力の低下を痛感したのは、この夏の暑さでした。元々胃腸があまり丈夫ではなく、特に暑くて冷たいジュースなどを飲むと、極端に胃の調子が悪くなり、食欲が落ちてしまいました。10月くらいになってやっと元気になってきましたが、50歳を過ぎて「体力が落ちたなあ」と実感しました。それまで自宅で竹刀の素振りと腕立て伏せなどはしていましたが、どうもそれだけでは不十分な気がしてきました。


そんな折り、たまたま当院にレントゲンの点検に来られた方が、65歳でもはつらつと仕事をされており、お聞きすると週に何回か水泳をされているとのことでした。それを聞いて私も「何か運動をしなければ」と強く感じるようになりました。
元々スポーツは嫌いでなく、テニスや水泳も少しはできるのですが、短時間で効果が上がる運動として、ジョギングをすることにしました。
* 仕事が終わって午後7次頃に帰宅し、着替えたあと、軽くストレッチをしてから家を出ました。始めは膝に不安がありましたので、痛くなったらすぐにやめることにして走り出しました。走り始めは大丈夫でしたが、しばらく走っていると何となく悪い左膝に負担がかかってくるような感じがあります。そこで、結局ランニングは10分くらいで終了しましたが、けっこう息が上がりました。しかし、そのあと特に膝の痛みが悪くなると言うことはありませんでした。
* 次回は2、3日後に同じように走りましたが、前回よりは楽に走れ、膝の負担も軽く感じました。その後、週2〜3回程度、距離も少しずつ伸ばして、現在は20分くらい走っています。距離にすると4kmくらいでしょうか。走っていると、結構多くの人がジョギングしたり、歩いたりされているのを見かけます。寒い日でも走る終わる頃には体がぽかぽかして、爽快感を味わえます。ちょっと体調が悪いなと感じるとき、あるいは前回走ってから日数があいていたりすると走るのがしんどくなり、そういう場合は少し距離を短めにしています。


20分という時間は、脂肪を燃焼させ、減量するには不十分かもしれません。
しかし、研究ではこの程度の運動でも血糖値や血圧を下げる効果があり、心筋梗塞の発症や死亡率を下げることが報告されています。
私自身、ジョギングを始めてから、体が軽くなった感じがします。また、一人で仕事をしているとゆううつになることもありましたが、精神的にも少し安定してきたように思います。さらに便通も良くなり、膝の痛みも良くなっているような気がします。
現代人は忙しく、患者さんに運動をお勧めしても、なかなか実行が難しいようです。しかし、私自身がジョギングをして運動の効果を実感し、皆さんにもこの良さを味わって頂きたいと思います。


→→ あなたの運動不足度をチェック!
運動不足がどうかを判定するには、片足で1分間立ってみるとわかります。思ったよりもふらつき、脚の筋肉が衰えているのに気づきませんか。あるいは足を前に伸ばし、座った姿勢から上体を前に倒しましょう。指先がつま先まで届かず、自分の体が硬くなっているの気づきませんか。


→→ まずは10分の散歩から ・・・
とはいえ、どなたでもすぐにジョギングができるわけではないと思います。これまで運動の経験がない人にとっては、いきなりのジョギングは心臓や足腰に強い負担がかかり、苦痛以外の何物でもないでしょう。
これまで運動したことのない人は、10分から20分、ぶらぶら歩くだけでもどうでしょうか。決して「苦しさに耐えよう」などと思わないでください。むしろ外の空気や、緑を味わうように歩けば、それで充分です。慣れてきたら少しずつ歩行距離を伸ばしていきましょう。
忙しくてなかなか運動する時間の作れない方は、ビルや駅でエスカレーターに乗らずに階段を上がるようにしたらどうでしょうか。あるいはお昼休みに少し歩くことはできないでしょうか。
わずかな時間でも、少しでも運動は効果があります。
さあ、明日からでも運動を始めてみませんか。


「診療日記」一覧表へ
 〒669-1541 三田市貴志字丁田79-1  TEL : 079-553-8088 FAX : 079-553-8077 E-mail : info@dr-maehashi.jp
Copyright (c) att's corporation all rights reserved. このHPの画像・文章・デザイン等の無断転載・複製を禁止します。