http://www.dr-maehashi.jp
Dr.前橋の「診療日記」
院長ごあいさつ
Dr.前橋の「診療日記」
今月の健康アドバイス
前橋院長
新しい検査器械が入りました

当院では8月より血液検査の新しい検査機器を導入しました。

この器械は、血液中のCRP、白血球数、赤血球数、血小板数などを数分で測定します。
CRPは、体の中に炎症があると作られる蛋白質で、この値を測ることによりからだがどの程度炎症を起こしているかを調べることができます。たとえば肺炎や胆のう炎などがあると、CRPは高くなってきます。
白血球は感染の防御のために働く血液中の細胞で、やはり肺炎などの炎症があると上昇します。
赤血球は血液中の酸素を運ぶ役割をしていますが、鉄分が足りなくて貧血になると減少します。
血小板はけがをしたときに出血するのを防ぐ役割があり、これが減ってくると皮膚に青いあざができたり、出血しやすくなります。


→→ 検査結果がすぐにわかり、より的確な治療を行えます
これまで当院ではこれらの検査は血液を検査センターに送って測定していたため、検査結果を知るのに早くても半日くらいかかっていました。この器械の導入により、特に発熱や貧血の疑いの患者様の検査結果をすぐに知ることができ、より的確な治療を行えるものと思われます。


→→ 当院では、さまざまな検査機器を備えています
なお、当院ではこの機器以外にも以下のような検査機器を備えています。
 * ヘモグロビンA1c、血糖の測定 糖尿病の方の診断や、血糖コントロールの
状態がすぐにわかります。
 * 重心動揺計 めまいの原因を調べます。
 * 心電図 心臓の状態を調べます。
 * ホルター検査 不整脈や狭心症を調べます。
 * レントゲン検査 心臓肥大、肺の病気、骨粗鬆症、副鼻腔炎
などの診断に役立ちます。
 * 超音波検査 頚動脈、心臓、肝臓、腎臓、膵臓などの
状態を調べます。
 * スパイロメーター 呼吸の状態を調べます。
 * 血圧脈波装置 動脈硬化の状態を調べます。
 * 睡眠無呼吸検査 睡眠時無呼吸症候群の診断に使います。


また、市民病院との提携により、CTやMRI検査を簡単に予約できます。検査当日に検査結果を当院にお持ち頂ければ、その日のうちに結果を知ることができます。予約は電話でもできますので、詳しくは当院受付までお問い合わせください。


「診療日記」一覧表へ
 〒669-1541 三田市貴志字丁田79-1  TEL : 079-553-8088 FAX : 079-553-8077 E-mail : info@dr-maehashi.jp
Copyright (c) att's corporation all rights reserved. このHPの画像・文章・デザイン等の無断転載・複製を禁止します。