http://www.dr-maehashi.jp
Dr.前橋の「診療日記」
院長ごあいさつ
Dr.前橋の「診療日記」
今月の健康アドバイス
前橋院長
帯状疱疹に要注意

〜 ヘルペスウイルスによって起こる「帯状疱疹」について 〜

当院に高血圧や糖尿病などで通院されている方が、急に胸やお腹が痛くなって来院されることがあります。始めのうちは、皮膚にはほとんど変化がありませんが、1〜2日のうちで水疱(水ぶくれ)ができ、数日のうちにたくさんの水疱が帯状に広がり、強い痛みを伴います(下の写真)。
− 帯状疱疹の症状 −
これは帯状疱疹と呼ばれる病気で、ヘルペスウイルスによって起こります。ヘルペスウイルスはもともと体の中にあるものですが、体が弱って免疫力が低下すると出てくると考えられています。


できる場所は胸やお腹が多いですが、顔や頭部、目の周囲にもできることがあります。体の右側、または左側など、必ず体のどちらか一方にできるのが特徴です。
放っておいても1〜2週間で治りますが、水疱が出ている間は痛みが強く、特に高齢の方では発疹が治っても、何ヶ月も痛みで苦しむ場合があり、ヘルペス後神経痛と呼ばれています。


治療法としては、ヘルペスウイルスに対する特効薬がありますので、ヘルペスとわかった時点でできるだけ早くその特効薬の点滴を受けたり、飲み薬を服用すると早く良くなります。また、お薬を使うことで、ヘルペス後神経痛を予防する効果もあります。
ですから、なにやら皮膚がぴりぴり痛むなあと思ったらそこのところを注意して観察し、水ぶくれができてきたら早めに医療機関を受診しましょう。
なお、このような病気が出るときは体が疲れていたり、他に病気が潜んでいる場合があります。無理をしないようにし、体調で他に気になることがあれば、かかりつけの医院に相談しましょう。


「診療日記」一覧表へ
 〒669-1541 三田市貴志字丁田79-1  TEL : 079-553-8088 FAX : 079-553-8077 E-mail : info@dr-maehashi.jp
Copyright 2005 c att's corporation all rights reserved. このHPの画像・文章・デザイン等の無断転載・複製を禁止します。