http://www.dr-maehashi.jp
院長ごあいさつ
Dr.前橋の「診療日記」
今月の健康アドバイス
前橋院長
サプリと健康食品に要注意
サプリメントや健康食品を飲んでおられる方
も多いのではないでしょうか。
サプリメントを服用する時の注意点

最近、アガリスクに発癌作用があると厚生労働省から報告されました。また以前には中国製のやせグスリで肝臓に障害が出たとの報告もありました。
当院に通院されている方でも、何らかの健康食品やサプリメントを飲んでおられる方は多いのではないでしょうか。「健康のため」と思って飲んでいても、時には思わぬ作用が出てくることがあります。


たとえば、ウコンは肝臓によいと言われていますが、逆に肝障害を引き起こすことがあります。そのほか、シジミ、ノコギリヤシなど多くのサプリメントが肝障害を起こす可能性があります。また甘草は高血圧の薬と一緒に摂ると、低カリウム血症になることがあります。さらに、グルコサミンは膝関節炎に使われるようですが、血圧上昇、血糖値上昇、コレステロール上昇の恐れがあります。
「血圧を下げる」、「血糖値を下げる」などの作用を目的で売られているサプリメントも多数見られます。これらのサプリは実際に効果もあるでしょうが、病院ですでに治療中の場合は効果が増強され、血圧や血糖が下がりすぎることがあるので注意が必要です。


私自身は患者さんがサプリメントを摂られることにいちがいに反対はしません。現代人の食生活は新鮮な魚や野菜の摂取が少なくなり、ビタミンやミネラルが不足しているため、適切な摂取は疾病予防や体質改善に役立つと思われます。ただ、病院の薬と一緒に飲むと作用が必要以上に増強されたり、逆に薬の効果が弱められたりします。また、血液検査をして原因不明の肝障害が見られたとき、それがサプリの影響の場合もあります。


ですから健康食品やサプリを摂っている方は、診察を受ける際にそのことをお話しいただければ、病気の診断や治療の参考になります。また、これからサプリメントや健康食品を摂ろうと考えておられる方は、ぜひかかりつけの先生にご相談ください。


「診療日記」一覧表へ
 〒669-1541 三田市貴志字丁田79-1  TEL : 079-553-8088 FAX : 079-553-8077 E-mail : info@dr-maehashi.jp
Copyright 2005 c att's corporation all rights reserved. このHPの画像・文章・デザイン等の無断転載・複製を禁止します。