http://www.dr-maehashi.jp
院長ごあいさつ
Dr.前橋の「診療日記」
今月の健康アドバイス

前橋院長
「ワーファリン」や「抗血小板剤」を
服薬されている患者さんへ

当院では、「ワーファリン」や「抗血小板剤」という種類のお薬を
服用されている患者さんが多数おられます。


ワーファリンは血液を固まりにくくするお薬で、不整脈や、心臓弁膜症の手術のあとに使用します。

「抗血小板剤」は血液の中を流れている血小板の働きを抑えるお薬です。
血小板は怪我をしたときに出血を止める働きがありますが、動脈硬化のある人には血管の中で血液が固まりやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞の原因になります。そのため、脳梗塞や心筋梗塞の恐れのある人には、予防のために抗血小板剤を飲んでもらいます。




「抗血小板剤」には多くの種類があり、当院でお出ししている薬では、「バファリン」「バイアスピリン」「パナルジン」「プレタール」「アンプラーク」「プロサイリン」「オパルモン」セロクラール」「エパデール」などがあります。



ワーファリンや「抗血小板剤」はいずれも大変重要なお薬ですが、「出血しやすい」という
副作用があります。ちょっと壁に当たっただけで皮下に出血し、青いアザができます。



患者の皆さんからよく質問を受けるのは、「虫歯で歯を抜かないといけないのですが、
薬はやめた方がいいでしょうか?」というものです。
抜歯の場合は、出血しても止血が容易です。ですから、お薬はそのままにして、歯医者さんにはしっかり止血を確認してから家に帰っていただくようにお願いしています。




また、胃カメラや白内障の手術を受ける場合や、もっと大きな胃の手術を受ける場合など
が問題になります。この場合はふつうは1週間前から薬の服用を中止してもらいますが、
動脈硬化の強い方の場合は薬の中止がむずかしい場合もあります。

いずれにしても、他の病院で何か出血を伴うような手術や検査をされる場合は、かかりつけの先生に相談しましょう。
「診療日記」一覧表へ
 〒669-1541 三田市貴志字丁田79-1  TEL 079-553-8088 FAX 079-553-8077 E-mail info@dr-maehashi.jp
Copyright 2004 c att's corporationl rights reserved. このHPの画像・文章・デザイン等の無断転載・複製を禁止します。