http://www.dr-maehashi.jp
院長ごあいさつ
Dr.前橋の「診療日記」
今月の健康アドバイス
「ゴルフ中の心筋梗塞に要注意」

私が三田市民病院に勤務していた頃、夏の暑い時期にゴルフをしていて胸が痛くなり、心筋梗塞で運ばれてくる方がけっこういました。心筋梗塞は、心臓に栄養を送っている冠動脈という血管が急に詰まって起こる病気で、時には突然死の原因にもなります。一見健康に見えるスポーツをしていてどうして・・・と思われるかもしれませんが、これにはそうなるべき理由があるのです。
  ●下記に当てはまる人は要注意! 
1  ふだんは運動不足で太り気味、さらにヘビースモーカーで、動脈硬化になりやすい。 Yes/No
2  前日夜更かししたり、当日朝早く起きるため寝不足で疲れ気味。 Yes/No
3  途中でビールをぐっといっぱい。口当たりはいいが、アルコールには利尿作用
 があり、さらに直射日光の下で汗をかき脱水気味になって血液がどろどろになる。
Yes/No
4  ふだんから怒りっぽい性格、ミスショットのたびに血圧が上がって心臓に負担が
 かかる。
Yes/No
5  きわめつけに2mのむずかしいパットを決めようとして極度の緊張、決めた途端に
 急に胸が痛くなり倒れ込む。
Yes/No

もちろん多くのゴルファーはこんなことにならずにプレイを楽しんでいると思いますが、テニスに比べてゴルフの方が心筋梗塞になりやすいようです。特に40代以降でヘビースモーカーの方、高血圧、糖尿病、コレステロールが高いなどといわれている方、あるいは太り気味の方は要注意です。


それでは、せっかくの休日を楽しむために、どのようなことに気をつけたらいいでしょう。
1) 普段からできるだけ歩くなどして運動し、太りすぎに気をつける。
2) たばこはやめる。
3) ゴルフの前日はよく休養を取る。
4) プレイの前や途中でアルコールを取らない。
5) 適度に水分を取る。
6) 帽子をかぶり、直射日光を下げる。
7) あまり勝敗に一喜一憂しない。

ゴルフに限らず,暑いときに運動するときは、上記のことに気をつけてお楽しみください。
「診療日記」一覧表へ
 〒669-1541 三田市貴志字丁田79-1  TEL 079-553-8088 FAX 079-553-8077 E-mail info@dr-maehashi.jp
Copyright 2004 c att's corporationl rights reserved. このHPの画像・文章・デザイン等の無断転載・複製を禁止します。