http://www.dr-maehashi.jp
今月の健康アドバイス
院長ごあいさつ
Dr.前橋の「診療日記」
今月の健康アドバイス
 
動脈硬化の予防のために
〜コレステロールが高いと言われたら
気をつけたいLDLコレステロール

健康診断では、血液中の脂質として、LDL-コレステロール(LDL-C)・HDL-コレステロール(HDL-C)・中性脂肪(トリグリセライド/TG)などを測定します。
これらの中でも特に検査で異常を指摘されやすいのが、LDL-Cです。日本動脈硬化学会では、LDL-Cが140mg/dl以上を「高LDL-コレステロール血症」としています。

LDL-Cが高いと、なぜ問題なのでしょうか。
心臓の筋肉に栄養を送る動脈を冠動脈と呼び、LDL-Cが高いと冠動脈の動脈硬化を起こし、その結果として狭心症や心筋梗塞が起こりやすくなることが知られています。
またLDL-Cを下げることにより、脳梗塞の発症や再発も抑えることが報告されています。

LDLコレステロールの目標値は?

しかし動脈硬化はコレステロールだけによって起こされるのではなく、様々な要因(リスク)によって決まります。このため学会では、コレステロール以外に年齢・性・糖尿病や高血圧・動脈硬化疾患の有無などにより、コレステロールをどこまで下げるべきかを定めています。

最もコレステロールを気にするべき人は、狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患になったことがある方です。
これらの方は冠動脈の硬化が病気の原因で、一度なると再発する危険があり、動脈硬化の高リスクといえます。この場合、LDL-Cを100mg/dl未満(場合によっては70mg/dl未満)にすることで、病気の再発や死亡を減らすことがわかっています。

次に糖尿病の方、慢性腎臓病の方、脳梗塞の既往のある方、下肢などの動脈硬化のある方も高リスクとなり、LDL-Cは120mg/dl未満が良いとされています。

一方これらの疾患のない方の場合は、年齢・性・喫煙の有無・血圧などを総合的に考慮してLDL-Cをどこまで下げるべきかを判定します。

特に女性では50歳を超えて閉経になるとLDL-Cが上昇しやすくなりますが、他にリスク因子がなければ、LDL-Cは160mg/dl未満が望ましいとされています。
この値を超えても直ちに薬物療法が必要なわけではありませんが、合併症の精査などのため、一度かかりつけ医を受診することをお勧めします。

HDLコレステロールと中性脂肪

HDL-Cはいわゆる善玉コレステロールと呼ばれるもので、40mg/dl未満を「低HDL-コレステロール血症」と判定し、この値以下だと動脈硬化の危険が高まります。

また、中性脂肪は飲酒や食事の影響を受けやすく、10時間以上の絶食後の採血で150mg/dl以上の場合に「高トリグリセライド血症」と判定します。
中性脂肪は特定健診の項目で肥満の方は高いことが多く、動脈硬化の危険因子となります。薬により低下させることはできますが、生活習慣の改善が最も重要となります。

生活習慣の改善

コレステロールや中性脂肪が高いと言われた場合、まず行うべきは生活習慣の見直しです。太っている方は標準体重を目指しましょう。食事は伝統的な日本食を中心とした食事が良いとされ・野菜や海藻・キノコ・豆類・魚貝類を積極的に摂るようにしましょう。

ただしすでに標準体重以下の方や、高齢者の方では、過度の減量は筋肉量を減らし、体力低下につながる恐れがありますので注意しましょう。

適度の運動は脂質の改善だけでなく、糖尿病や高血圧の改善にもつながるため、ぜひ行いましょう。特に中性脂肪が高く、HDL-Cが低い方は運動の効果が高いと思われます。ふだん運動習慣のない方は、少しずつでも体を動かすようにしましょう。

喫煙は動脈硬化の強力な危険因子ですので、ぜひ禁煙するようにしましょう。

薬物療法

運動や食事療法を行ってもLDL-Cが高い場合は薬による治療が望ましいと思われます。

最もよく使われる薬として「スタチン」という種類の薬があります。スタチンはコレステロールの低下作用が強く、服薬により心筋梗塞の発症や死亡率を減少させることが科学的に証明されています。しかし一部の方では筋肉痛などの副作用により、服用できない場合があります。
スタチンにはプラバスタチン(先発商品名メバロチン)、シンバスタチン(リポバス)、フルバスタチン(ローコール)、アトルバスタチン(リピトール)、ピタバスタチン(リバロ)、ロスバスタチン(クレストール)があります。

最近使われるようになったのがエゼチニブ(ゼチーア)で、スタチンに比べると効果は弱いですが、副作用も少なく、使いやすい薬です。その他コレスチラミン、コレスチミド、プロブコールなどが使われます。

新しく強力なコレステロールの低下作用のある注射薬が開発されました。エポロクマブ(レパーサ)とアリオクマブ(プラルエント)で、家族性高コレステロール血症の方や心筋梗塞になった方で、飲み薬でコレステロールが下がりにくい場合などに使用します。

中性脂肪の高い方には、フィブラート系の薬剤を使用します。フィブラート系薬にはベザフィブラート(ベザトールSR)、フェノフィブラート(リピディル)などがあります。

また中性脂肪を下げる効果は強くないですが、動脈硬化の抑制を目的として多価不飽和脂肪酸のイコサペント酸エチル(エパデール)、オメガ-3脂肪酸エチル(ロトリガ)を使用することもあります。

高齢者の薬物療法

75歳以上の後期高齢者の場合、薬物量による動脈硬化の予防効果は明確ではありません。他に病気がなければ多少コレステロールが高くても様子を見ても良いでしょう。

また、これまでスタチンを飲まれていても、体の動きが鈍くなったりしてきた場合は、薬を中止した方が良い場合もあります。かかりつけ医に相談してみましょう。

 
過去の健康アドバイス一覧へ
 〒669-1541 三田市貴志字丁田79-1  TEL : 079-553-8088 FAX : 079-553-8077 E-mail : info@dr-maehashi.jp
Copyright (c) att's corporation all rights reserved. このHPの画像・文章・デザイン等の無断転載・複製を禁止します。