http://www.dr-maehashi.jp
今月の健康アドバイス
院長ごあいさつ
Dr.前橋の「診療日記」
今月の健康アドバイス
コレステロールが高いと言われたら

健康診断を受けると必ずコレステロール値を測定します。一般に年齢が上がると共にコレステロール値が上昇し、医療機関を受診するように勧告される人が増えてきます。

検診ではコレステロールのうちLDLコレステロール(LDL-C)とHDL-コレステロール(HDL-C)を測定します。LDL-Cはいわゆる悪玉コレステロールと呼ばれ、増加すると動脈硬化(特に心筋梗塞や狭心症などの冠動脈疾患)になりやすくなります。一方HDL-Cは善玉コレステロールと呼ばれ、40mg/dl未満に低下すると動脈硬化になりやすくなります。

コレステロール値はどれくらいが良いか

コレステロールに関しては、これまでも低すぎるのは良くないなどと様々な議論がありました。
ではコレステロール値は実際のところどれくらいが良いのでしょうか。

まず、冠動脈疾患の危険性のある方はLDL-Cが低い方がいいでしょう。日本動脈硬化学会では、心筋梗塞や狭心症にかかったことのある方はLDL-Cを100mg/dl未満にすることを勧めています。
また糖尿病、慢性腎臓病、脳梗塞、下肢の動脈硬化症などの方は120mg/dl未満に、喫煙者、高血圧の方、50歳以降の男性では140mg/dl未満にする方が望ましいとしています。コレステロール以外に動脈硬化の危険因子がない方は、160mg/dl以下にするように勧めています。
ただし、LDL-Cが160mg/dl以上であっても直ちに薬を服用する必要はなく、まず運動や食事療法などの生活習慣の改善を数カ月間行えば良いでしょう。その上で、改善が見られない場合は薬物治療について主治医と相談してみましょう。

総コレステロール値とHDL-C値、血圧値がわかれば自分で冠動脈疾患のリスクを調べることができます。インターネットで「冠動脈疾患リスク評価」で検索して下さい。この結果で今後10年間の冠動脈疾患の死亡率が1%未満であれば、あわてて薬を飲む必要はないでしょう。

高齢者のコレステロールは下げる必要があるか

これまで説明してきたことは、75歳未満の方には当てはまりますが、それ以上の方では必ずしもコレステロールが低い方が良いとは言えないようです。
多くの疫学調査では、75歳以上では総コレステロール値の低下が死亡リスクの増加と関連していることがわかっています。これらの結果を見ると、75歳以上では単にコレステロールが高いと言うだけでは治療する必要が無いようです。ただし、すでに心筋梗塞や狭心症でカテーテル治療を受けた方、糖尿病や慢性腎臓病のある方などは、ある程度コレステロールが低い方が良いと思われます。

コレステロール治療薬の副作用に注意

コレステロールを下げる薬を飲むと、筋肉痛やしびれを訴える方がおられます。また、高齢者では歩行障害につながる場合もあります。
これまで大丈夫であっても加齢により薬がより強く効くようになる事もあり、
気になる方は主治医や薬剤師に相談してみるといいでしょう。

過去の健康アドバイス一覧へ
 〒669-1541 三田市貴志字丁田79-1  TEL : 079-553-8088 FAX : 079-553-8077 E-mail : info@dr-maehashi.jp
Copyright (c) att's corporation all rights reserved. このHPの画像・文章・デザイン等の無断転載・複製を禁止します。