http://www.dr-maehashi.jp
今月の健康アドバイス
院長ごあいさつ
Dr.前橋の「診療日記」
今月の健康アドバイス
生活習慣病の予防のために
〜 さあ運動しよう 〜
運動って本当に効果があるの?
40歳を過ぎると少しずつお腹も出てきて、メタボリックシンドロームと診断される方が増えてきます。
メタボリックシンドロームの治療には生活習慣の改善が必要ですが、最も簡単に出来て効果が高いのは運動、特にウォーキングではないでしょうか。
運動がどれくらい効果があるか、当院に通院中のAさんの例でお示ししましょう。
運動・食事療法による改善例
Aさんは49歳の男性ですが、健康診断で糖尿病、高脂血症を指摘されて昨年10月に当院を受診されました。
Aさんはそれまでほとんど運動をされていなかったようですが、相談の上、通勤の時に片道30分、往復で1日1時間を歩いていただくようにしました。
それと同時に「糖尿病がよくなるごちそうレシピ」を購入され、糖質制限食を実践されました。
その結果は以下の通りです。
Aさんの体重・HDLコレステロール・HbA1cの推移
約5ヶ月の間に体重は13kg減少し、それと共に糖尿病の指標であるHbA1cは8.2%から5.5%と正常範囲内まで劇的に改善しました。
また、いわゆる善玉コレステロールと言われ動脈硬化を防ぐ役割があるHDLコレステロールは、59mg/dlから80mg/dlまで大きく増加しました。
Aさんは毎日1時間のウォーキングに加えて、週末には腹筋などの筋トレも行い、良好な健康状態を保っておられます。
無理なく続けて元気な毎日を
糖尿病の方すべてが食事と運動療法だけでここまで良くなるわけではありませんが、運動療法が血糖値を低下させ、動脈硬化の予防につながることは明らかです。
また食事制限はどうしてもストレスがたまりやすくなりますが、適度な運動はストレスを発散させ、食事療法も行いやすくなります。
Aさんのように1時間は無理としても、通勤の時や昼休みなどに30分くらいのウォーキングはできないでしょうか。
また平日はどうしてもむずかしいなら、週末はいつもより早く起きて、1〜2時間歩かれたらどうでしょう。きっと月曜日の朝がすっきりと迎えられるでしょう。
なお、すでに糖尿病や高血圧のある方は、運動を始める前にかかりつけの医師に相談することをおすすめします。
過去の健康アドバイス一覧へ
 〒669-1541 三田市貴志字丁田79-1  TEL : 079-553-8088 FAX : 079-553-8077 E-mail : info@dr-maehashi.jp
Copyright (c) att's corporation all rights reserved. このHPの画像・文章・デザイン等の無断転載・複製を禁止します。