http://www.dr-maehashi.jp
今月の健康アドバイス
院長ごあいさつ
Dr.前橋の「診療日記」
今月の健康アドバイス
新型インフルエンザにかかったら
新型インフルエンザは今年になって減少してきたとはいえ、現在でも毎週何人かの患者さんの発生がみられます。
タミフル・リレンザの有効性は・・・
検査でインフルエンザA型が検出された場合、今のところほとんど新型インフルエンザによるものと思われます。 私がそのことを患者さんやご両親にお話すると、多くの方がタミフルかリレンザといった抗ウイルス薬の処方を希望されます。
昨年、日本感染症学会は、すべての新型インフルエンザの方はできるだけ早期に抗ウイルス薬による治療を行うように勧告を出しました。 このことがニュースなどでも取り上げられ、みなさんがタミフル・リレンザを希望されるのだろうと思われます。
しかし、この勧告については専門家の間からも行き過ぎではないかとの意見が出されています。
危険性も含む抗ウイルス薬
日本感染症学会がこのような勧告を出した根拠として、タミフルが新型インフルエンザの重症化を予防するとした研究があったのですが、最近データを見直した結果、タミフルには肺炎を予防する効果がないことがわかったのです。
一方、医療問題研究会の林先生らは、小児のインフルエンザの重症例では、タミフルを使うことでいっそう症状がひどくなり、死亡に至る危険性を指摘しています。
使用時の注意点
今のところはっきりしているのは、抗ウイルス薬の効果は発熱や咳などの症状を短くするということだけです。
働き盛りの方で、どうしても会社を休めない方は1日も早く熱を下げる必要があるかもしれませんが、薬による副作用を起こしやすい小児では、使用を控える方が賢明ではないでしょうか。
また、抗ウイルス薬で熱を下げてもウイルスは残っているわけで、決して無理をしないように注意が必要です。
かかったらどうすればよい?
では、インフルエンザにかかったらどうすればよいでしょうか。
今のところ新型インフルエンザは季節性インフルエンザと同程度の重症度と思われ、取り立てて心配する必要はないでしょう。当院では主に漢方薬による治療を行っていますが、それほどしんどそうでなければ、家で様子を見るだけで十分です。
熱が出て苦しそうな時は、少量のアセトアミノフェン(アンヒバ・カロナールなど)を使ってもかまいません。ただし、呼吸が苦しそうとか、うわごとを言ったり、けいれんなどがあれば、直ちに医療機関を受診してください。
最も大事なことは、病気になった時に家の方が優しく見守ってあげることではないでしょうか。
お母さんが寄り添ってくれるだけで、子供は元気になるかもしれませんね。
過去の健康アドバイス一覧へ
 〒669-1541 三田市貴志字丁田79-1  TEL : 079-553-8088 FAX : 079-553-8077 E-mail : info@dr-maehashi.jp
Copyright (c) att's corporation all rights reserved. このHPの画像・文章・デザイン等の無断転載・複製を禁止します。