http://www.dr-maehashi.jp
今月の健康アドバイス
院長ごあいさつ
Dr.前橋の「診療日記」
今月の健康アドバイス
家庭での血圧はどれくらいがよいでしょう
家庭での測定でふだんの血圧を知る
近年、家庭血圧計の普及により、自宅で血圧を測る人が増えてきました。
血圧が高くなると、脳梗塞や脳出血、腎臓病、心筋梗塞などになりやすくなります。
そこで血圧が高いと薬などによる治療が必要になりますが、その基準となる血圧の値は、病院の診察室よりも家庭で測るのが良いことが分かってきました。
家庭血圧の基準値は
それでは、家庭での血圧はどれくらいがよいでしょうか。
高血圧ガイドラインでは、診察室の血圧が140/90mmHg以上、家庭での血圧が135/85mmHg以上を、高血圧と定めています。
では、家庭での血圧が135/85mmHgを超えると、すぐに血圧を下げる薬を飲むべきでしょうか。
それはその方の状態により異なります。
高血圧以外に動脈硬化の危険因子(高コレステロール血症、喫煙、糖尿病など)がなく、それほど血圧が高くない場合は、塩分制限、肥満のコントロールなどでしばらく経過を見ることができます。
一方、糖尿病やじん臓病、心筋梗塞のある方などは動脈硬化の危険性が高く、直ちに降圧薬による治療が望ましいでしょう。
いずれにしても、家庭で血圧を測り、135/85mmHg以上が持続する場合は、内科を受診することをお勧めします。
高血圧の治療にも参考になります
降圧薬による治療を始めた場合、どの程度まで血圧を下げるべきでしょうか。
当院に高血圧で通院中の方は、通常1〜2ヶ月に1度受診していただきますが、その時に測るだけでは、その方の正しい血圧の評価は困難です。
そこで、ふだんの家庭での血圧値が降圧薬を処方する上でたいへん参考になります。
下の表は、血圧の薬を飲まれている方の降圧目標値を示しています。
この表で若年者とは50才未満、中年者とは50才から64才まで、高齢者とは65歳以上を指します。
  診察室血圧 家庭血圧
若年者・中年者 130/85mmHg未満 125/80mmHg未満
高齢者 140/90mmHg未満 135/85mmHg未満
糖尿病患者 130/80mmHg未満 125/75mmHg未満
腎臓病患者
心筋梗塞後患者
脳血管障害患者 140/90mmHg未満 135/85mmHg未満
この表で、特に糖尿病、腎臓病、心筋梗塞後の患者さんは厳格に血圧を下げる必要があることが分かります。
ただし高齢者や脳梗塞後の方は、急激に血圧を下げると危険な場合もあります。
実際にご自分の血圧がどれくらいが望ましいかは、かかりつけの医師にご相談下さい。
過去の健康アドバイス一覧へ
 〒669-1541 三田市貴志字丁田79-1  TEL : 079-553-8088 FAX : 079-553-8077 E-mail : info@dr-maehashi.jp
Copyright (c) att's corporation all rights reserved. このHPの画像・文章・デザイン等の無断転載・複製を禁止します。