http://www.dr-maehashi.jp
今月の健康アドバイス
院長ごあいさつ
Dr.前橋の「診療日記」
今月の健康アドバイス
 どうしてタバコをやめれないの? 〜 その@
ご主人がスモーカーの場合、奥さんが肺癌になるリスクは2倍になるというデータが報告されました。以前から喫煙が癌や動脈硬化、喘息などの原因になることはよく知られていますが、今回の報告でますますご主人方には喫煙しにくい環境になってきました。
「タバコが良くないのは分かっているけど、なかなかやめられないなあ」と言う方も多いと思います。ところで、どうしてタバコはやめられないのでしょうか。
なぜタバコを吸うと気持ち良くなるのか
「仕事でイライラした時、この一服でほっとするね。」と言われる方も多いと思います。
確かにタバコを吸うと気持ちが良くなりますが、これには医学的な理由があります。
それは喫煙中に脳波を調べると、アルファ波がたくさん出ることが分かっているのです。アルファ波は精神的にリラックスし、頭の回転が良くなっている時に出てくる波形です。すなわちタバコを吸うと頭の回転が良くなり、気持ちも良くなると言うわけです。
喫煙とアルファ波の関係
「じゃあ、タバコを吸うのは頭にとっていいのだ」と思われるかもしれません。
ところが、アルファ波はタバコを吸った瞬間だけ増加し、吸い終わったあと10〜20分すると消失してしまいます。すると再びイライラしてまた吸いたくなるのです。いわゆるチェーンスモーカーというのは、まさにこういう状態です。
それでもタバコを吸うことでアルファ波が出て能率が良くなるなら、それでいいと思われるかもしれません。ところが喫煙を続けている人のふだんのアルファ波というのは、喫煙しない人に比べて、低くなっているのです。
すなわち、喫煙者はタバコを吸わない時はいつもイライラして頭の回転が悪く、タバコを吸った時だけアルファ波が出て調子が良くなると言うわけです。(下図参照)
喫煙者と非喫煙者の脳波
喫煙と脳の働きに関する実験
ある有名進学塾で、実験が行われました。
浪人生は結構喫煙する人が多いのですが、その人たちに禁煙を勧め、受験までの1年間、喫煙を続けた人と禁煙をした人に分けました。
翌年の入試では、禁煙した人の方がより多く合格しました。
このことは、一見すると喫煙する方が勉強の能率が上がるように見えて、実は禁煙している方がトータルとして頭の働きが良くなっていることを示しています。
喫煙でお困りの方はお気軽にご相談ください
最近は女性の喫煙者も増えていますが、母親が喫煙者の場合、子供がお母さんにおねだりする時は、いつもをタバコを吸っている時にするそうです。子供に「どうして?」とたずねると、「タバコを吸っている時のお母さんはいつもやさしいから」と答えます。と言うことは、タバコを吸っていない時は、いつも不機嫌なお母さんなんでしょうか。これってなんだか悲しいですよね。

「なぜタバコをやめれないのか」少しは理解していただけたでしょうか。
さあ、あなたも明日からタバコにつながれた生活から解放されませんか。喫煙でお困りの方は、お気軽に当院にご相談ください。
参考文献 : 「CD版リセット禁煙のすすめ」 東京六法出版
過去の健康アドバイス一覧へ
 〒669-1541 三田市貴志字丁田79-1  TEL : 079-553-8088 FAX : 079-553-8077 E-mail : info@dr-maehashi.jp
Copyright (c) att's corporation all rights reserved. このHPの画像・文章・デザイン等の無断転載・複製を禁止します。