http://www.dr-maehashi.jp
今月の健康アドバイス
院長ごあいさつ
Dr.前橋の「診療日記」
今月の健康アドバイス
生活習慣病の予防のために
  糖質・主食を制限すれば糖尿病にならない、太らない その2
前回、「糖尿病が良くなるごちそうレシピ」の本についてお話ししました。 >> 前回のコラムはこちら
ただ、私自身はこの治療法についてまだ確証を持っているわけではなかったのですが、糖質制限食を行うことにより、劇的に糖尿病が改善した方がいらっしゃいました。この方は他の病院で糖尿病を指摘され、HbA1cが10以上、血糖が360もあったのですがこの治療法を行うことにより、当院に来られたときにはHbA1cが6.8にまで低下していました。糖尿病のお薬も飲んでおられましたが、血糖値が80まで低下していたため、私は糖尿病のお薬は中止するように指示しました。
この方のお話を伺い、私は糖質制限食にかなり自信を持つことができるようになりました。現在糖尿病で治療を受けておられる方は、ぜひとも「糖尿病が良くなるごちそうレシピ」(東洋経済新報社)を購入され、糖質制限食を実行されることをお勧めします。
 「糖質制限食」の注意点
注意点としては、糖質制限食を徹底的に実行すると低血糖になる恐れがありますので、糖尿病のお薬を飲んでいる方は、糖質の制限は少しずつ始めましょう。
また、腎臓の悪い方はできませんので、主治医に相談しましょう。
 「どういうものを食べると太りやすいか」を知る
私がこの治療法について患者さんとお話ししたときに気がついたのは、太っている方は、みなさんご飯やうどんなど、炭水化物が大好きだと言うことです。このような方にいきなりご飯や麺類をやめろと行っても実行はむずかしいでしょう。ただ、どういうものを食べると太りやすいかを知るだけで、かなり効果はあると思います。
たとえば低脂肪の牛乳を飲んでも、牛乳には糖分が含まれており、摂取すると太りやすくなります。これに対して、チーズ、ヨーグルト(無糖)、バターなどには糖分は含まれておらず、太りにくいのです。現代社会では、たれやドレッシングなど、様々なものに砂糖や糖質が使われているので、これらを控えるだけでもかなりの効果が期待できます。

当院でも、糖質を減らすことで多くの方が減量に成功し、糖尿病が改善しています。少しずつからでも始めてみてはどうでしょうか。
過去の健康アドバイス一覧へ
 〒669-1541 三田市貴志字丁田79-1  TEL : 079-553-8088 FAX : 079-553-8077 E-mail : info@dr-maehashi.jp
Copyright (c) att's corporation all rights reserved. このHPの画像・文章・デザイン等の無断転載・複製を禁止します。