http://www.dr-maehashi.jp
健康アドバイス
院長ごあいさつ
Dr.前橋の「診療日記」
今月の健康アドバイス
生活習慣病予防について
 「 なかなか運動できないあなたへ その1 」
日本人の高齢化が急速に進む中で、これからは年を取ってもいかに元気で過ごせるかが大切になっています。そのためには、適度の運動をすることが効果的です。

 運動をすることでどのような効果が期待できるでしょうか。
1. 血糖やコレステロール、血圧が下がり、動脈硬化の予防になる。
2. 運動能力が増し、転倒や骨折をしにくくなる。
3. ストレスを発散し、精神的に安定する。
4. 痴呆や癌の予防にもなる。
運動によりこのような効果が期待できます。仕事で忙しいあなた、少しずつでもいいから運動を始めてみませんか。

 ただ、運動を始める前に気をつけていただきたいことがあります。
ただ、運動を始める前に気をつけていただきたいことがあります。それはある程度年齢をすぎてからいきなり運動を始めると、色々と体の故障や不調につながる恐れがあると言うことです。特に若いときに競技スポーツなどで活躍していた人が、中年以降に急に運動を再開すると、アキレス腱を痛めたりすると言うことはよくあることです。
新しく運動を始めるときは、運動量は少なめにし、1〜2ヶ月かけて徐々に運動量を増やしていきましょう。関節の痛みや体の変調を感じたときは運動を中止し、回復してから徐々に再開しましょう。
また心臓病や腎臓病、肝臓病などの持病があり、通院中の方は運動前に必ず主治医に相談しましょう。

 1日に少しでもいいから体を動かし、継続することです。
運動するのに、「こうでないといけない」という決まりはありません。大切なことは、1日に少しでもいいから体を動かし、継続することです。やせるために1日1万歩を歩くという目標を立てても、1週間で挫折してしまえば意味がありません。それよりも毎日5分ずつでも運動を続けていく方が効果的でしょう。
一番大事なことは運動の習慣を身につけることです。たとえ5分ずつでも運動を続けてその効果が実感できれば、自然に10分、15分と運動量は増えていくでしょう。

次回は実際にどのように運動をしていくかについて説明します。
過去の健康アドバイス一覧へ
 〒669-1541 三田市貴志字丁田79-1  TEL 079-553-8088 FAX 079-553-8077 E-mail info@dr-maehashi.jp
Copyright (c) att's corporation all rights reserved. このHPの画像・文章・デザイン等の無断転載・複製を禁止します。