http://www.dr-maehashi.jp
健康アドバイス
院長ごあいさつ
Dr.前橋の「診療日記」
今月の健康アドバイス
生活習慣病予防  「 家庭で血圧を測る方へ その2 」

生活習慣病予防 家庭で測った血圧はどれくらいなら良いでしょうか。
生活習慣病予防 家庭での血圧は135/85未満が正常とされています。
生活習慣病予防 測るたびに血圧が変わるのですが・・・
生活習慣病予防 ストレスのかかった状態、運動直後、運転中または運転直後、どこかに痛みのある状態(頭痛、腰痛など)などの時には血圧が上がります。逆にリラックスした状態、入浴後などでは血圧が下がります。人によっては食後に血圧が下がる場合もあります。また胃腸の調子が悪くて腹痛や吐き気のあるときにも血圧は下がります。
このように血圧は時々刻々と変化しますので、あまり頻繁に血圧を測る必要はないでしょう。高血圧の疑いのある人や、血圧の薬を飲んでいる人は朝夕の決められたときにのみ測るようにし、それ以外は特に体調の悪いときだけに測るようにすると良いでしょう。
生活習慣病予防 それでも血圧が高すぎたり低すぎたりすると不安です・・・
生活習慣病予防 普段の血圧と比べて異常に高い値や低い値が出たときは、10〜20分後に安静の状態でもう一度測ってみましょう。それでもふだんと違う値が続いたり、ふらつきや頭痛などがあるときはかかりつけの医療機関に相談しましょう。
生活習慣病予防 病院で測った血圧と、家庭での血圧が異なりますが・・・
生活習慣病予防 一般的には家庭で測るよりも、病院で測った血圧の方が高くなります。これが極端になった状態が「白衣高血圧」で、たとえば家では120/70でも、病院で150/90になるような場合です。このような方は緊張しやすいタイプで、今のところは血圧の薬を飲む必要はありません。ただ、将来高血圧になる可能性が高いため、定期的な検診が必要です。
一方家では150/95くらいあっても病院では130/78に下がっている方もおられます。このような方は高血圧の治療が必要な場合が多いので、医師に相談しましょう。
生活習慣病予防
過去の健康アドバイス一覧へ
 〒669-1541 三田市貴志字丁田79-1  TEL 079-553-8088 FAX 079-553-8077 E-mail info@dr-maehashi.jp
Copyright (c) att's corporationl rights reserved. このHPの画像・文章・デザイン等の無断転載・複製を禁止します。