http://www.dr-maehashi.jp
健康のアドバイス
院長ごあいさつ
Dr.前橋の「診療日記」
今月健康のアドバイス
 「春だ、さあ運動を始めよう!」
暖かくなり、運動には最適な季節になってきました。少し太り気味のあなた、高血圧、糖尿病、高脂血症などが気になるあなた、外ではツバメも飛んでいます。そろそろ運動を始めませんか。

 運動に関する”Q&A”
運動をやることでどのような効果が期待できるでしょうか。
血糖が下がる、血圧が下がる、コレステロールが下がる、つまり運動をすることで生活習慣病の改善につながるのです。また、ストレスを発散させるため、糖尿病や高脂血症の食事療法を無理なく行えるようになります。さらに運動は骨粗鬆症や癌の予防にもつながると言われています。
運動をしたらやせますか。
ご飯1杯分は160kcalになり、これだけのカロリーを運動で消費しようとすると、速足で40分位歩かなければなりません。ですから、やせるためには運動とともに食事も気をつける必要があります。
健康のためには、どのような運動がよいでしょうか。
力む運動(腕立て伏せ、エキスパンダなど)は望ましくありません。あまり強い力を加えずにできる運動(歩く・水泳・ジョギング等)がよろしいでしょう。
運動の強さはどれ位がよいでしょうか。
手首などで1分間の脈拍数を数え、100〜120程度までがよいでしょう。これは、他人とおしゃべりしながら続けられる程度の運動です。ですから、お友達とおしゃべりしながら歩くのは大変いいことですね。1回の運動量は15分以上、できれば週に4回以上できれば理想的です。
運動をする上で注意すべきことは?
3日坊主で終わらせないために、無理なく行うことが大切です。そのためには以下のことに中止しましょう。
1. 翌日まで疲労感を残さない。
2. 栄養や睡眠を充分取る。
3. 体調の悪いときは休む。
4. 炎天下や長時間の運動の場合は水分を補給する。
5. 寒冷時には保温に努める。
6. 急に運動強度を上げない。
なお、何か持病のある方は主治医の先生に相談してから始めましょう。
過去の健康アドバイス一覧へ
 〒669-1541 三田市貴志字丁田79-1  TEL 079-553-8088 FAX 079-553-8077 E-mail info@dr-maehashi.jp
Copyright (c) att's corporationl rights reserved. このHPの画像・文章・デザイン等の無断転載・複製を禁止します。